「可哀想」は時に人を傷つけると題された新聞記事、その内容が深すぎると話題に

よう 2021/08/05 告発 コメント

新聞の1コマで紹介された「可哀想」は時に人を傷つけるという記事が「心に刺さる」「深く考えさせられる」と大きな反響を呼んでいます。

思わず口にしてしまいそうな「可哀想」という言葉、ただし相手のことを何も知らないで発言してしまうと、ただ人を傷つける無責任な言葉へと豹変してしまう…

そのことを身を持って経験したというエピソードです。

とても考えさせられるので是非ご覧ください…

「可哀想」は時に人を傷つける

息子が自ら頑張ろうとする姿勢を見せてきた…しかし世間からすると違う視点で写っていた…

頑張ろうとしている息子の姿を見て、何も知らずに「可哀想に…」と口にした人達。

その言葉によって頑張る息子は全否定され、その行為をさせていた親も罪悪感を感じることになるのです…

何も知らないのに、あまりにも「無責任」な言葉ですね…

この記事は多くの人々の心を動かし、瞬く間に多くの方へとシェアされ多くのコメントも寄せられました。

寄せられた世間のコメント

あなたも知らずうちに優しさと思い人を傷つけているかもしれません…

そう考えると言葉の難しさと重みを感じるますね。

引用元:https://buzzbuzz-net.com/kawaisounihatokini/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも